J3 MAGAZINE (J3マガジン)

サッカーJ3に特化した情報発信ブログです! クラブ情報や各節の見どころ・レビュー、移籍情報などを発信します。

    いわてグルージャ盛岡


    いわてグルージャ盛岡は12日、関東学院大学に所属していたGK武者 大夢選手(22)が新加入すると発表しました。
    武者選手の特徴についてクラブは「高さを生かしたクロスボールへの対応、落ち着いたシュートストップに加え、足元の技術も優れたゴールキーパー」と紹介しています。

     【選手情報】
    武者 大夢(むしゃ ひろむ)
    ・生年月日:1999年1月7日(22歳)
    ・出身地:北海道
    ・身長/体重:186cm/83kg
    ・ポジション:GK

    ・経歴
     伊達サッカースポーツ少年団
     伊達市立伊達中学校
     北海道大谷室蘭高等学校
     関東学院大学

    ・Jリーグ成績
     出場:0試合
     得点:0

    ・カップ戦成績
     出場:0試合
     得点:0


    詳細はクラブ公式HPをご覧ください。
    【クラブ】武者大夢選手 関東学院大学より新加入のお知らせ
    http://grulla-morioka.jp/tab09_club/news210412-01/


    2021シーズン 新体制チェック・今回はいわてグルージャ盛岡です。
    ※読みやすさの為に選手名の敬称は省略しています。

    【直近5年間の成績】
    2016:13位(J3)
    2017:15位(J3)
    2018:13位(J3)
    2019:18位(J3)
    2020 :11位(J3)

    【2020シーズンの主なデータ】
    チーム成績:11勝9分14敗(勝点:42) 11位
    得点:36
    失点:47
    最多連勝:3
    最多連敗:4

    チーム内最多得点者:小谷 光毅,牟田 雄祐,モレラト…5得点


    【2020シーズンのまとめ】
    秋田 豊監督体制1年目、積極補強で臨んだシーズンだったものの開幕戦で優勝することになる秋田に0-4の大敗。開幕5試合で1分4敗の厳しいスタートとなったが、第5節相模原戦で3CBシステムを採用し今季初勝利。シーズン後半はモレラト選手のシャドーでの起用や速攻のスタイルが固まり、粘り勝てる試合も増加。最終節は昇格の懸かっていた長野を敵地で下し、良い形でシーズンを終えた。

    【2021シーズン展望】
    主力選手の大半は今季も在籍。全試合にスタメン出場し、中盤で替えの効かない存在となっていた小谷 光毅選手がシーズン終了後に神奈川県1部の品川CCに移籍。6人の新卒選手を加え、中野 雅臣選手やモレラト選手といった期限付き加入の主力選手を完全移籍で獲得することに成功している。
    昨季の3-4-2-1の採用が継続性という点でも最も妥当な布陣と言えそう。守備を整備して堅守からの速攻を磨く一方で攻撃のバリエーションも増やしたい。このようなフォーメーションを念頭に以下で各ポジションの選手を紹介する。

    ポジション別メンバー構成:3-4-2-1
    予想布陣_岩手

    [GK]
    昨季は土井 康平が19試合、鈴木 智幸が15試合に先発。桃山学院大学から加入した松山 健太もまず初出場の機会を得たい。

    [DF]
    3CBでは牟田 雄祐藤井 航大脇本 晃成の継続が予想される。安定した結果を残せなかった平川 元樹は何とかポジション争いに割って入りたい。期限付き加入の田平 起也(←セレッソ大阪)や青森山田高校で選手権決勝まで戦ったタビナス・ポールも3CBの左で起用か。直近で山形から加入が発表された小野田 将人も3CBの左や左WBでプレーできる。小野田をCBで計算できるなら脇本をボランチに上げるにもアリか?

    [MF]
    小谷選手などボランチ人材が抜けたことで層が薄くなった中盤だったが、既存の石井 圭太に加え増田 隼司(←近畿大)、アシストランキング1位を目指すと意気込んだオタボー・ケネス(←高知中央高)が加入。最近になってアルビレックス新潟シンガポールから加入した栗島 健太が即戦力としてレギュラーに定着し、中盤を安定させたいところ。
    両WBの右は宮市 剛を引き続き予想した。加々美 登生(←桐蔭横浜大)は3CBのシステムではシャドーか本ポジションになるだろう。出場機会を得られるポテンシャルは十分。右サイドのユーティリティプレイヤー有永 一生も基本ポジションは右WBとした。左は中村 太亮が主になると予想するが、鹿島から期限付き期間を延長した佐々木 翔悟も3バックシステムではここで出場機会を探りたい。攻撃的なポジションをマルチにこなせる嫁阪 翔太はボランチでの出場も経験があるがシャドーで予想し、武田 拓真(←岡山)をボランチに予想した。
    シャドーは激戦区に。中野 雅臣モレラトが中心になるが、色摩 雄貴佐々木 祐太、新加入の西田 恵(←金沢)が争う格好になるか。

    [FW]
    昨季は序盤から岸田、大垣、嫁阪らがトップを務めたが中盤以降はキープ力が自慢のブレンネルがスタメンでプレーできるようになり安定した。一方で結果として4ゴールはやはり物足りなかった。ここに松本から韓 勇太が加入。フィジカルを生かしたCFの役割のほかストライカーとして得点を取る能力に長けており、得点面での改善が見込めるだろう。大阪教育大から新加入の山川 廉は中盤でのチャンスメイクなど複数ポジションでプレーが出来るようで、CHのポジションにもハマる可能性はありそう。

    【2021シーズン目標】
    上位〜昇格争い

    …J2ライセンスを獲得し、J3で昇格を狙えるほどの陣容は揃えた。チームの目標もJ2昇格であるので当然2位以内を目指すことになるが、昨季の成績も踏まえると上位進出なら成果とは言える。一方で選手も揃い2年目となる秋田体制、一定の成果を出すことはむしろ必達の目標でもある。

    このページのトップヘ