ようやくJリーグの再開・開幕にこぎつけ、早くも第5節が終わりました。 
今季も序盤から面白いJ3です。第5節を終えてのJ3をここではお伝えしたいと思います。

まず第5節までの順位表です。
スクリーンショット 2020-07-24 0.19.19


さすがに秋田の無傷の5連勝はJ3の枠を超えて話題です。ただ5連勝でも凄いことですが、そこに無失点ということなので如何に攻守のバランスが取れているのかというのがわかります。
昨季同様に攻撃の中心として君臨するFW中村亮太の存在は大きいですが、開幕戦で2得点を挙げた2トップの相方FW齋藤恵太も存在感を発揮。昨季はJ3長野でプレーしていましたが、今季J2水戸から完全移籍で加入。独特な風貌と持ち前の爆発的なスピードで攻撃や、守→攻のスイッチの先陣を切る活躍をしています。
秋田にとって大きかったのは新指揮官の吉田謙監督。[4-4-2]を用いて前線からボールホルダーにも果敢にプレスを仕掛けカウンターで仕留めるサッカーが秋田の選手にはまっての序盤の快進撃。秋田より制約が大きいと思われる沼津でJFLからの昇格後2年連続で3位に入った手腕をJ3の強豪秋田で存分に発揮しています。

第5節で初めての敗戦を喫したのはロアッソ熊本ですが、Jでは名の知れた大木武監督を迎え代名詞のショートパスを繰り返しポゼッションするサッカーを実践しつつ、ときにはロングボールも使用し前線のFW高橋利樹を活かす攻撃でここまで4勝と好調。昨季11ゴールと活躍したFW北村知也やYS横浜から加入したFW浅川隼人が入る隙の無い好調な攻撃陣を形成。しかし、大木監督は「スタメンを変えない」監督として良くも悪くも知られているところで、押し込みながら1点が遠く、終了間際のカウンター1発で仕留められた岐阜戦ではやや閉塞感が漂いました。選手層は屈指なだけに連戦でどういう起用をするかという点も熊本は注目です。


と、ここまでのJ3では上記の2クラブが注目されるわけですが、虎視眈々と上位を狙い2位にまで浮上したのがガイナーレ鳥取です。
第2節の岐阜戦を落とした以外は勝利で4勝1敗。DF井上黎生人を中心とした3CBにMF可児壮隆三沢直人らの中盤、そして得点を量産しつつあるFW坂井大将田口裕也の2トップは非常に安定した戦いをみせています。19歳高卒ルーキーの田口(←四中工高)は開幕3試合スーパーサブ的な活躍で2得点をここまで挙げていますがFWジョアンデルソンの負傷もあり、ここ2試合連続でスタメン出場しています。坂井大将は23歳ながら既にプロ6年目。苦しい時期も過ごしてきましたが、今季5試合で4得点と爆発。チームの攻撃を牽引しています。今季はチームがはまって着実に勝てている印象。5節も讃岐にしっかり走り勝ちウノゼロ勝利を収めています。


高卒ルーキーの田口のほかにも、注目に値するルーキープレーヤーが多くいるJ3ですが、SC相模原のMF松田詠太郎は期待に応える見事な活躍を見せています。
横浜F・マリノスユースからトップ昇格を勝ち取り、そのまま育成型期限付き移籍で加入している19歳の松田。サイドでボールを受けてからのドリブルの推進力、相手を剥がすテクニック、シュートと攻撃センスはこの歳にして並外れており、早くもチームになくてはならない存在になっています。以前の記事にも書いたようにDF星広太/MF和田昌士、DF夛田凌輔/松田詠太郎の両サイドコンビが豊富な運動量で攻守を支えてきたこともありここまで負けなしの相模原。あとは更に日程的にきつくなったときの選手層などが試される部分と言えそうです。


一方で、今季のJ3において「前評判が高い」とされたJ2からの降格組の岐阜・鹿児島。岐阜は第5節で4連勝と好調だった熊本に1-0、鹿児島は4得点の快勝でG大23を下し少しずつ降格組の真価を発揮しようかという段階になってきました。
熊本戦のFC岐阜は相手に持たせる感じでプレスを掛け機会を伺いつつ、後半のカウンターを狙ったと結果的に捉えることができますがそれがゼムノビッチ監督の目論見なのかは今後数試合で見えてくるでしょうか?いずれにせよ岐阜の支配率が29.5%だったのでやはりサッカーは支配率じゃないなと思わせてくれる試合です。

鹿児島ユナイテッドFCは開幕戦でその熊本に内容面では大きく圧倒されたものの、ここまで2勝2分1敗でなんとか上位を追走しています。その中でG大23戦はチームの持ち味を出しながら勝てたことは良い方向に向かっていることを印象づけています。新加入のMF三宅海斗はチームに印象的なアクセントをもたらしています。
また鹿児島にとって興味深いデータは、J2昇格を果たした2018シーズンと「開幕5試合の結果が全く同じ」なのです。全部勝つに越したことは無いとは思いますが、何か縁起が良い気もしますね。


同じ下馬評の高かったカターレ富山も4得点で勝利した試合が2つありますが内容的にはまだチームとして成熟しているとは言えない面があり、2勝1分2敗に甘んじています。昨季福島で大活躍したFW武颯に注目が集まっていた富山ですが、先発は1試合のみ。とは言え途中出場から2点を獲得しているほか前線での動きはやはり質が高く、これからの活躍を予感させています。

長くなってしまいましたので今季開幕前から何かと話題だったいわてグルージャ盛岡についてでひとまず締めます。「大型補強」と言われ多くの選手が入った岩手。さらに監督には良くも悪くも有名な元日本代表の秋田豊氏を招聘。開幕節で秋田に4失点を喫すると福島戦で勝ち点1を得たほかは得点をしながらも失点を繰り返し未だ勝ち無し。やはり課題は守備組織の未熟さが指摘されます。攻撃陣を含め個々の選手の能力は高いので奪ってからのカウンターなどは武器になっていますが、攻守に組織性を欠き敗戦を繰り返してしまっています。まずはそこが立て直す鍵になりそうです。



さて、ここからは各チームの注目選手を1人挙げていきます。

ヴァンラーレ八戸:MF 高見啓太
…4試合にスタメン出場し2得点2アシストで八戸の攻撃を牽引。

いわてグルージャ盛岡:FW大垣勇樹
…攻撃時に相手の脅威となる仕掛ける力を持つ。

ブラウブリッツ秋田:FW齋藤恵太
…上でも紹介し、ベタと言われても彼は見るべき能力がある。

福島ユナイテッドFC:DF雪江悠人
…今季はCBとして起用されるが、本職の前目のポジションに入ればしっかり点を取る。

Y.S.C.C.横浜:MF大泉和也
…YS横浜一筋7季目も中心選手。J3で14年より7季連続ゴールを達成している

SC相模原:MF松田詠太郎
…19歳にして攻撃の要。彼の突破は期待感があります

AC長野パルセイロ:MF東浩史
…チームを牽引するベテランのNo.10。

カターレ富山:MF花井聖
…武と言いたいところだが敢えて10番花井。「さすが」と思わせるプレー。

藤枝MYFC:FW森島康仁
…デカモリシ。ポストプレーもできるし点も取れるしアシスト量産中

アスルクラロ沼津:DF尾崎瑛一郎
…ベテランSB ラストパス本数がリーグ1位(第5節終了時)

FC岐阜:DF甲斐健太郎
…守備はもちろん、最終ラインからのパスも見どころ

ガイナーレ鳥取:FW田口裕也
…上にも書いた高卒ルーキーだが見ていて楽しいプレー。

カマタマーレ讃岐:FW栗田マークアジェイ
…ある程度期待に応える働きをしている。この人次第と言っても過言ではない?

FC今治:FW林誠道
…今治の攻撃のフィニッシュを司る。得点機をモノにできるかどうかでチームが変わる

ロアッソ熊本:FW谷口海斗
…得点、アシストの両方を増やしつつある。攻撃の中心選手

鹿児島ユナイテッドFC:MF三宅海斗
…個の打開力は屈指。連携で生かせるシーンが増えればさらに厄介

セレッソ大阪U-23:MF喜田陽
…中盤でボールが持てる。得点に絡む活躍を期待

ガンバ大阪U-23:FW川﨑修平
…唐山でないのは敢えてです。その唐山とのコンビネーションも非常に良い



紙幅の都合と言いますか、そういう諸事情であまり触れられなかったクラブが多々あったので各クラブの注目選手を挙げるという形で一通り取り上げてみました…。
また10節が終わったら似たような趣旨の記事を書くかも知れませんが、もう少し後かもしれません。

いよいよ明暗の分かれ始める時期にもなりますが、J3を楽しんでいきましょう。





最後までお読み頂きありがとうございます。ぜひコメントなどをいただけると嬉しいです。
また、(よくあるのですが)内容に誤りや疑問等があった際はコメント欄等でご指摘いただけると大変助かります。