第21節の全9試合が日曜に行われました。さらに、更新する前に水曜の第12節延期分の岐阜-秋田まで終わってしまいましたので、まとめて見ていきます。

順位表から見ていきましょう。(第21節と第12節岐阜-秋田終了時点)
table #21

※1試合未消化:鳥取,八戸


讃岐はホームで鳥取を下しホームでは連勝。そして秋田に食い下がりながらもあと一歩届かなかったセレッソ大阪U-23の勝点が14のままで讃岐は第15節ぶりに最下位脱出です。

八戸はホームで今治に敗れ苦しい5連敗。気づけば順位も16位まで下降してしまいました。
連勝で流れを継続したかった福島は、後半熊本の守備を衝いて1点差まで追い上げるも3失点が響き惜しくも敗戦。熊本は守備の課題を改めて露呈した格好も、長野の引き分けを受け勝点を40台に乗せ単独2位に再浮上。

長野と藤枝の上位対決は両者最後を決めきれずスコアレスドローに。長野は熊本に再び2位の座を明け渡すことに。藤枝は今治にも躱され苦しい状況が続きます。

富山はガンバ大阪U-23戦を落とし昇格に向けてはかなり厳しくなりました。G大23は勝点を24として11位まで浮上してきました。

そして注目の岐阜-鹿児島は前半から競った展開に。中盤の激しい攻防を制した鹿児島が試合を有利に運び、牛之濵選手の1点を守りきり大きな勝利を挙げています。一方の岐阜は仲田体制初黒星。

さらに、水曜の第12節 岐阜-秋田はまさかの0-5というスコアで決着。秋田が着実なプレーで得点を重ねた格好で、秋田が地力を見せたという結果になりました。


【昇格争い】
首位秋田の勝ち切る力に驚かされた今節でした。第21節、1試合少ないながら勝点を50に乗せ2位との勝点差は9と依然独走体制。

熊本は何とか勝点3を手にして41とし、引き分けて+1にとどまった長野と2差となっています。
そこから下は相模原、岐阜、鹿児島と勝点1ずつ刻む大混戦模様。鳥取が3差、今治が4、藤枝は5差でその背中を追います。

相模原はYS横浜との神奈川ダービーを完勝で制して目下5連勝中。さらに「先制した試合の勝率100%」も未だ継続中(9勝)。悲願のJ2に向け高いモチベーションを保っています。

promote #21

秋田はやはり抜けていますが、第2集団の詰まり具合が良く分かりますね…

秋田と岐阜が第12節を消化したことで、富山以外の上位陣は全21試合を消化しました。首位の秋田と2位熊本の勝点差は12。秋田の優勝可能性は現時点では「かなり高い」と言えそうですね…

未だに失点が7という非常に盤石な守備が取り上げられる秋田ですが、岐阜に大勝したこともあり総得点数も39でリーグトップタイに。

次節上位陣は比較的下位との対戦が多いので負けられない戦いが続きます。

ここまでの記録は以下の通りです

【第21節までのチーム得点/失点数ランキング】

team得点数#21

team失点数#21



個人得点数#21

個人アシスト数#21



【第21節TOTS(ベストイレブン)】
管理人都合により、今節もお休みさせて下さい。すみません。