J3 MAGAZINE (J3マガジン)

サッカーJ3に特化した情報発信ブログです! クラブ情報や各節の見どころ・レビュー、移籍情報などを発信します。

    2021年02月


    2021シーズン 新体制チェック・今回は藤枝MYFCです。
    ※読みやすさの為に選手名の敬称は省略しています。

    【直近5年間の成績】
    2016:7位(J3)
    2017:7位(J3)
    2018:16位(J3)
    2019:3位(J3)
    2020 :10位(J3)

    【2020シーズンの主なデータ】
    チーム成績:14勝7分13敗(勝点:49) 10位
    得点:48
    失点:44
    最多連勝:3
    最多連敗:2

    チーム内最多得点者:大石 治寿…14得点


    【2020シーズンのまとめ】
    前年は堅い守備で失点を減らし、3位に躍進。昨季はJ2ライセンスの取得がシーズン前から報道され昇格への期待も高まったが、前年の堅守とは裏腹に序盤から不用意な失点やPK献上を繰り返し、勝ちきれない試合が増加。復帰したエースの大石 治寿は期待通りの活躍を見せ、リーグ2位タイとなる14得点を挙げた。シーズン終了後、3年間指揮を執った石﨑 信弘監督の退任が発表された。

    【2021シーズン展望】
    新監督にはJ2栃木や中国で指揮を執った倉田 安治氏が就任。4-2-3-1や3トップ(4-3-3)を軸に戦うことになるだろう。戦力面では、岩間や押谷、鈴木惇など超J3級のベテラン勢を獲得、2月に入ってからJ1仙台から金 正也の獲得も発表した。そのほかU-19日本代表候補佐古など若手の有望株も獲得している。

    ポジション別メンバー構成:4-2-3-1(4-3-3)
    予想布陣_藤枝

    [GK]
    引き続き主将も務める精神的支柱・杉本 拓也を予想。東京23FCより長身のシューラー・マテウス、24歳大杉 啓、父に元日本代表DF名良橋 晃氏を持つ名良橋 拓真が阪南大卒後1年間無所属の期間を経て加入した。

    [DF]
    4バック予想となる。CBは昨季フルタイム出場を果たした秋山 貴嗣が軸になる。さらに昨季J1で15試合に出場した金 正也は対人能力が高く、ビルドアップの中心としての活躍が期待される。川島 將はシステム変更の中でスタメンを争う。武者修行の佐古 真礼(←東京V)は193cmの大柄で将来を有望視される大型CB。1年目からの活躍も期待される。38歳になる大ベテラン秋本 倫孝も未だ健在。地元藤枝市出身・3年目の鈴木 翔太は勝負の歳になる。昨季はJFL・FCマルヤス岡崎でプレーした森本 大貴は184cmとサイズがあるCB、ポテンシャルを発揮できるか。
    左SBはレギュラー定着を目指す2年目穂積 大介とベテランのユーティリティDF那須川 将大の予想。右SBは右サイドの仕事人・久富 良輔が務めると予想。出場は無かったが再契約を勝ち取った松村 航希はMF登録だが右SBで予想した。

    [MF]
    3トップとの予想もあったが、図の予想ではダブルボランチの4-2-3-1システムで表記した。ボランチは岩間 雄大鈴木 惇に加えて枝村 匠馬という豪華な名前が揃う。昨季は怪我にも泣き出場の無かった鮫島晃太だが、持ち前の能力を見せることができるか。2年目の河上 将平もまず初出場を目指す。
    トップ下は鹿児島から4年ぶりに復帰した枝本 雄一郎が主軸。狭いスペースでも活躍できるアタッカーだ。同じく技術に優れる36歳ベテラン谷澤 達也や2年目でJデビューを期す横山 暁之を予想する。
    サイドハーフも人選は難しいが、ソニー仙台から加入した昨季は9試合(先発1)の出場だった杉田 真彦もプレシーズンで好調ということで要注目か。同じくJFLクラブの青森から新加入のレフティー堀 研太は秋田でもプレー経験があり横浜FM出身のポテンシャルはあり。即戦力となれるか。
    徳島から加入の地元出身・押谷 祐樹はFWの選手であるが、退団した吉平の代役は宮本で埋まったのでMF予想に。攻撃的ポジションは一通りこなす。バランス的に左SH予想である。清本 拓己はJ3の年に大分で右SHを経験しているようなので、右で予想した。途中出場で得点を取れる岩渕 良太は昨季5試合の出場にとどまった。ポジションは左で予想している。

    [FW]
    昨季11得点を挙げついにブレイクを果たした吉平は石﨑監督を追って富山へ移籍したが、大石 治寿が変わらず柱になるだろう。また"デカモリシ"森島 康仁も健在。前線でターゲットとなり、ラストパスを出せるFW。ポスト吉平としてはYS横浜から宮本 拓弥が加入。下位に沈むチームで14得点を挙げるなどストライカーとしての得点能力はトップレベル。

    【2021シーズン目標】

    上位〜昇格争い

    …改めてフォーメーションを見ると豪華な顔ぶれが揃っている。押谷や鈴木惇など上位カテゴリー経験豊富なベテランの「個」の力が加わった。平均年齢はやはり高いが、今季は全28試合となり日程に余裕があることもうまく利用してその力を存分に生かしたい。守備でも金正也の加入は4バックを安定させる働きを期待できる。戦力的には上位やJ2昇格を争うには十分と言える。


    2021シーズン 新体制チェック・今回は鹿児島ユナイテッドFCです。
    ※読みやすさの為に選手名の敬称は省略しています。

    【直近5年間の成績】
    2016:5位(J3)
    2017:4位(J3)
    2018:2位(J3)
    2019:21位(J2)
    2020 :4位(J3)

    【2020シーズンの主なデータ】
    チーム成績:18勝4分12敗(勝点:58) 4位
    得点:55
    失点:43
    最多連勝:5
    最多連敗:3

    チーム内最多得点者:米澤 令衣…9得点


    【2020シーズンのまとめ】
    得失点差に泣き、1年でのJ3降格となった昨季の目標は当然J2復帰であったものの、要所での敗戦も響き最終的には4位でフィニッシュ。2位相模原との勝点差は「3」、J2昇格は果たせず。
    金監督の掲げる攻撃的サッカーはリーグ2位の勝利数となる18勝、同2位タイの55得点という成績に表れたものの、昇格クラブの敗戦数の目安とされる7~8敗を大きく上回る12もの敗戦が響いた形に。

    【2021シーズン展望】
    守備の要として活躍したDF岡本 將成が期限付き元のJ2新潟へ復帰、FW馬場 賢治やDF青山 直晃の現役引退などがあったものの大半の主力選手が残留。昨季の陣容をベースに若手選手中心の補強でチームの若返りが想定される。
    また、2シーズン指揮を採った金 鐘成監督が退任、新たにJ1横浜F・マリノスのヘッドコーチであるアーサー・パパス氏を招聘。ボールを保持し主導権を握る攻撃的なサッカー路線は継続とみられる。

    ポジション別メンバー構成:4-3-3
    予想布陣_鹿児島②

    [GK]
    昨季はJFL・Honda FCでプレー、横浜FMより期限付きで加入した白坂 楓馬の定着も予想されるが昨季の守護神大西 勝俉もキック・セービングの水準は高い。岩﨑 知瑳もビルドアップ志向のサッカーでJ初出場を狙う。

    [DF]
    CBは「ジェルソン+もう1人」で考えていると思われるが入国が不透明なのでやや心許ない構成に。イヨハ理ヘンリー
    濱口 功聖(←鹿屋体育大)、藤原 広太朗と繋げるCBを組ませたい。状況によっては田辺がCBに降りるか。また新たに昨季までいわきでプレーしたウェズレイ・ロドリゲスが加入し、不安だったCBの枚数は確保できた。
    右のSBには攻撃的な選手が揃う。木出 雄斗
    (←大阪体育大)や衛藤 幹弥(←熊本)の新加入組は即戦力だが、昨季は怪我に泣かされたフォゲッチもゴールに繋がるプレーを見せた。
    左SBは砂森 和也が健在。野嶽 惇也をここで起用するか前で起用するかではあるが右ほど層は厚くなくなった。

    [MF]
    予想する4-3-3で昨季通り中盤はボランチ2枚を配する形を予想。ニウドの抜けた穴は小さくないが、田辺 圭佑中原 秀人のほか八反田 康平などゲームをコントロールできる選手は揃う。ユース出身の野嶽 寛也も昨季は限定的な出場機会ながら印象を残した。3年目はより出場機会を伸ばしたい。
    昨季まで絶対的な存在だった大ベテランの酒本 憲幸の起用法も新たなサッカーで変化するか。攻撃的MFのポジションにはサポーターからの期待も厚い明治大卒2年目の中村 健人を予想。鹿島ユースから加入のルーキー石津 快もここでプレーすることになるか。
    五領 淳樹も予想の形ならこのポジションと予想した。

    [FW]
    3トップの右は昨季チーム得点王の米澤 令衣のほか、土壇場で契約延長を発表した三宅 海斗や横浜FMから加入した
    山谷 侑士など攻撃の鍵となるポジションになりそう。
    中央は昨季終盤にかけ本来の力を発揮し得点を量産した薗田 卓馬を予想。切り札として活躍した
    萱沼 優聖と大卒ルーキーの山本 駿亮(←徳山大)がこのポジションで争う。
    左は前体制でほとんどの試合に出場したハードワーカー牛之濵 拓になると思われるが、左の人材があまり多くないので野嶽 惇也をここに予想する。


    【2021シーズン目標】
    優勝争い

    …J3降格2年目、来年の昇格レースはかなりハードになるので何としてもここで昇格したい。その中での監督交代はチャレンジではあるものの、若返ったチームで選手・チーム育成と結果の両立を図りたい。どのポジションにも有力選手を揃え、今季も昇格候補の一角であることに変わりはないか。


    2021シーズン 新体制チェック・今回はロアッソ熊本です。
    ※読みやすさの為に選手名の敬称は省略しています。

    【直近5年間の成績】
    2016:16位(J2)
    2017:21位(J2)
    2018:21位(J2)
    2019:5位(J3)
    2020 :8位(J3)

    【2020シーズンの主なデータ】
    チーム成績:16勝6分12敗(勝点:54) 8位
    得点:56
    失点:47
    最多連勝:4
    最多連敗:3

    チーム内最多得点者:谷口 海斗…18得点(リーグ得点王)


    【2020シーズンのまとめ】
    大木体制1年目は4連勝でシーズンをスタート。前半戦を秋田に次ぐ2位で折り返すも、直後に3連敗で2位を陥落。開幕戦で快勝した鹿児島にアウェーで大敗するなど明らかな後半の失速で終盤には一時9位まで落とし、前年を下回る8位でフィニッシュ。岩手から加入した谷口が18得点を挙げリーグ得点王に輝いたほか、途中出場が主体ながら得点を重ねて11得点を挙げた浅川の活躍もあり総得点はリーグ最多の56得点となった。


    【2021シーズン展望】
    得点王の谷口 海斗、6得点6アシストの中原 輝がそれぞれJ2新潟、山形へ個人昇格。ルーキーながら全試合に出場しアンカーで安定したプレーを続けた河原や11得点の浅川は残留し、9人もの新卒選手(大卒6,高卒3)を加えた。今季は3CBシステムに挑戦。課題となった守備を改善したい。ただ在籍選手の適正などを見ても4バックの可能性もあり得るかと考えられる。

    ポジション別メンバー構成:3-4-3
    予想布陣_熊本

    [GK]
    GKにビルドアップの起点となる能力を求めるサッカーで昨季はJ出場の無かった内山 圭が開幕スタメンに抜擢されると全試合に出場。大木監督の信頼は厚い。ここにJ2千葉からビルドアップ能力に長けたベテラン佐藤 優也を獲得。田代 琉我(←国士舘大)はポジション争いを制することはできるか。

    [DF]
    最終ラインは黒木 晃平小笠原 佳祐菅田 真啓を予想した。秀岳館高から加入したブラジル人レオ ケンタは高さとフィジカルの強さで定着に挑む。東野 広太郎(←立命館大)は1対1の対人守備に自信を持つ。酒井 崇一は2年目の昨季は先発15試合と出場を伸ばしたが、レギュラー定着が目標。

    [MF]
    ダイヤモンド型に予想した中盤の底は昨季同様、新たに若きキャプテンとなった河原 創を予想した。竹本 雄飛はボールコントロールに優れる。2年目は試合をコントロールする選手として出番を増やせるか。田尻 康晴もボランチ〜アンカーで出場機会を得たいところ。左WBのポジションは桐蔭横浜大卒のルーキー岩下 航を予想。大学では左SBとして開花し守備も磨いた。得点に直結するボールの供給に期待。反対のサイドは同じくルーキーの杉山 直宏(←順天堂大)を予想。キックの精度やサイドで仕掛けるドリブルが持ち味のレフティー。藤枝を満了となった水野 泰輔はもちろんJ3では即戦力クラスのボランチになる。ユース出身2年目、Jデビューを目指したい小島 圭巽は左で予想した。
    オフェンシブハーフには熊本一筋・上村 周平。昨季は並んでプレーした岡本 知剛のほかベテランの伊東 俊がこのポジションになるだろう。

    [FW]
    CFは1年目から32試合に出場した髙橋 利樹が柱になりたい。9ゴールと2桁には届かなかったが労を惜しまない前線からの守備でチームを引っ張る。ポストプレーにも期待。途中出場でゴールを量産した浅川 隼人とのポジション争いも注目。谷口の抜けた左は北村 知也を予想。1年目はチームトップの11得点を挙げながら昨季はほとんど出番なし。悔しさをバネに得点を量産したい。東出 壮太(←北陸大)は特別指定選手として昨季もリーグ戦3試合に出場した。県内の強豪校・大津高より加入した宮原 愛輝はシュート力が持ち味という。右は明治大から加入した坂本 亘基を予想したが、負傷離脱がリリースされ開幕には間に合わない可能性が高い。ユース出身の樋口 叶は昇格1年目ながら中盤以降出番が増え15試合に出場した。サイドの突破からチャンスを演出する。秀岳館高卒のルーキー・ターレスもこのポジション。積極的な仕掛けを期待したい。

    【2021シーズン目標】
    昇格争い

    …J3も3年目になり、そろそろJ2に復帰したいところ。2年連続で上位につけるもシーズン後半の勝負弱さで昇格を逃し、昨季は序盤の好調からすれば想像だにしない後半戦の戦績となったが3度目の正直となるか。選手加入は新卒9人、移籍加入2人というバランスに。大木体制2年目、若手選手を育てながらシーズンを通して結果を残し、悲願のJ2復帰を成し遂げたい。


    2021シーズン 新体制チェック・今回はアスルクラロ沼津です。
    ※読みやすさの為に選手名の敬称は省略しています。

    【直近5年間の成績】
    2016:3位(JFL)
    2017:3位(J3)
    2018:4位(J3)
    2019:12位(J3)
    2020 :12位(J3)

    【2020シーズンの主なデータ】
    チーム成績:12勝5分17敗(勝点:41) 12位
    得点:36
    失点:40
    最多連勝:2
    最多連敗:5

    チーム内最多得点者:渡邉 りょう…7得点


    【2020シーズンのまとめ】
    J3屈指の名将として知られるようになった吉田 謙監督が秋田の監督に就任、新たにモンテディオ山形ユースで育成年代の指導経験が豊富な今井 雅隆氏を迎えた初年度。サッカーのスタイルをパスサッカー主体に一新させ徐々に浸透したが、やはり得点力が物足りなかった。チームトップの7得点を挙げた渡邉 りょうは後半戦不動の1トップとして気を吐いた。

    【2021シーズン展望】
    2年目となる今井体制は昨季のサッカーをベースに「シンプル」さ、「速さ」のさらなる向上を目指す。陣形はFW陣も充実したことで昨季前半に採った2トップシステムも予想される。その中で今季から10番を背負う渡邉はエースとしての活躍が期待される。昨季の主力としてはレジェンドのDF尾崎 瑛一郎が退団、J3トップレベルのボランチ普光院 誠がJ2秋田へ個人昇格。ポジション別に戦力を確認する。

    ポジション別メンバー構成:4-2-3-1 (4-4-2)
    予想布陣_沼津①_2
    予想布陣_沼津②_2


    [GK]
    大卒2年目の長沢 祐弥は32試合に出場し東京Vへステップアップ。山形ユース出身の大友 竜輔(←山形)の期限付き期間を延長し、熊本から野村 政孝を獲得したが、京都橘高から京都産業大のこちらも新加入の西川 駿一郎を予想した。

    [DF]
    尾崎の退団の穴は大きいが、右SBは東京Vの安在 達弥が期限付き加入期間延長で残留。攻撃的SBの篠崎 輝和(←産業能率大)は約3ヶ月の離脱がリリースされている。CBは昨季同様に徳武 正之藤嵜 智貴がメインに。1年目、出番の無かった井上 航希は前出2選手に無い高さを武器にデビューを果たしたい。深井 祐希は167cmとCBとしては小柄で昨季は主に左SBで8試合の出場にとどまったが、今季こそブレイクを期する。
    左SBは大迫 暁が引き続き定着か。飯塚高より加入の川前 陽斗は182cmと上背もあり、左SB/CBがポジションになる。深井または川前が左SBのポジションを大迫と争うことになるか。

    [MF]
    ボランチには主将・菅井 拓也とJFLヴェルスパ大分から加入した同年MVPの瓜生 昂勢のボランチ起用を予想した。鬼島 和希(←順天堂大)もポスト普光院のポジションに名乗りを上げる。徳永 晃太郎は同ポジションで昨季は結果が出せず苦しんだが3年目、プレー機会を得たいところだ。中山 雅史が退団し最年長となった46歳伊東 輝悦は昨季はベンチ入りは果たすも出場は無かった。右サイドハーフはベテランだが豊富な運動量でチームに不可欠な染矢 一樹、左を佐藤 尚輝と予想するが佐藤は3ヶ月程度の離脱がリリースされ開幕には間に合わない公算が大きい。同ポジションは濱 託巳が務めると考えられる。森 有真も2年目で出場機会を伸ばしたい。
    瓜生をボランチ予想としたのでトップ下は攻守にハードワークのできる鈴木 拳士郎を予想する。

    [FW]
    前線は枚数が揃ったので昨季序盤の2トップも考えられるが、4-2-3-1の継続の場合1トップ予想は新10番渡邉 りょうとした。今村 優介は1年目から27試合に出場した。2年目はレギュラー定着と得点増を目指す。新加入の伊藤 龍生(←鹿屋体育大)や特にハディ ファイヤッド(←岡山)はサイズもあり、2トップを組んでも面白いだろう。期限付き加入の高橋 潤哉(←山形)は山形ユース時代の今井監督の教え子。恩師のもとで結果を残したい。鈴木 厚太は難しいレギュラー争いが待つが出場機会を得たいところ。U18から史上初のトップ昇格となった杉本 大雅もストライカーのポジションで勝負を挑むか。


    【2021シーズン目標】
    トップハーフ(7位以内)

    …今井監督の掲げるシンプル、速さというキーワードに基づくサッカーを高め、体現する2季目にしたい。正確にボールを出せる選手・ゴールを決める選手は揃っているのではないか。昨季は12位で目標は7位以内としたが、得点を取り切れるようになればさらに上位にも進出できるクオリティの高いチームになると思われる。


    2021シーズン 新体制チェック・今回はいわてグルージャ盛岡です。
    ※読みやすさの為に選手名の敬称は省略しています。

    【直近5年間の成績】
    2016:13位(J3)
    2017:15位(J3)
    2018:13位(J3)
    2019:18位(J3)
    2020 :11位(J3)

    【2020シーズンの主なデータ】
    チーム成績:11勝9分14敗(勝点:42) 11位
    得点:36
    失点:47
    最多連勝:3
    最多連敗:4

    チーム内最多得点者:小谷 光毅,牟田 雄祐,モレラト…5得点


    【2020シーズンのまとめ】
    秋田 豊監督体制1年目、積極補強で臨んだシーズンだったものの開幕戦で優勝することになる秋田に0-4の大敗。開幕5試合で1分4敗の厳しいスタートとなったが、第5節相模原戦で3CBシステムを採用し今季初勝利。シーズン後半はモレラト選手のシャドーでの起用や速攻のスタイルが固まり、粘り勝てる試合も増加。最終節は昇格の懸かっていた長野を敵地で下し、良い形でシーズンを終えた。

    【2021シーズン展望】
    主力選手の大半は今季も在籍。全試合にスタメン出場し、中盤で替えの効かない存在となっていた小谷 光毅選手がシーズン終了後に神奈川県1部の品川CCに移籍。6人の新卒選手を加え、中野 雅臣選手やモレラト選手といった期限付き加入の主力選手を完全移籍で獲得することに成功している。
    昨季の3-4-2-1の採用が継続性という点でも最も妥当な布陣と言えそう。守備を整備して堅守からの速攻を磨く一方で攻撃のバリエーションも増やしたい。このようなフォーメーションを念頭に以下で各ポジションの選手を紹介する。

    ポジション別メンバー構成:3-4-2-1
    予想布陣_岩手

    [GK]
    昨季は土井 康平が19試合、鈴木 智幸が15試合に先発。桃山学院大学から加入した松山 健太もまず初出場の機会を得たい。

    [DF]
    3CBでは牟田 雄祐藤井 航大脇本 晃成の継続が予想される。安定した結果を残せなかった平川 元樹は何とかポジション争いに割って入りたい。期限付き加入の田平 起也(←セレッソ大阪)や青森山田高校で選手権決勝まで戦ったタビナス・ポールも3CBの左で起用か。直近で山形から加入が発表された小野田 将人も3CBの左や左WBでプレーできる。小野田をCBで計算できるなら脇本をボランチに上げるにもアリか?

    [MF]
    小谷選手などボランチ人材が抜けたことで層が薄くなった中盤だったが、既存の石井 圭太に加え増田 隼司(←近畿大)、アシストランキング1位を目指すと意気込んだオタボー・ケネス(←高知中央高)が加入。最近になってアルビレックス新潟シンガポールから加入した栗島 健太が即戦力としてレギュラーに定着し、中盤を安定させたいところ。
    両WBの右は宮市 剛を引き続き予想した。加々美 登生(←桐蔭横浜大)は3CBのシステムではシャドーか本ポジションになるだろう。出場機会を得られるポテンシャルは十分。右サイドのユーティリティプレイヤー有永 一生も基本ポジションは右WBとした。左は中村 太亮が主になると予想するが、鹿島から期限付き期間を延長した佐々木 翔悟も3バックシステムではここで出場機会を探りたい。攻撃的なポジションをマルチにこなせる嫁阪 翔太はボランチでの出場も経験があるがシャドーで予想し、武田 拓真(←岡山)をボランチに予想した。
    シャドーは激戦区に。中野 雅臣モレラトが中心になるが、色摩 雄貴佐々木 祐太、新加入の西田 恵(←金沢)が争う格好になるか。

    [FW]
    昨季は序盤から岸田、大垣、嫁阪らがトップを務めたが中盤以降はキープ力が自慢のブレンネルがスタメンでプレーできるようになり安定した。一方で結果として4ゴールはやはり物足りなかった。ここに松本から韓 勇太が加入。フィジカルを生かしたCFの役割のほかストライカーとして得点を取る能力に長けており、得点面での改善が見込めるだろう。大阪教育大から新加入の山川 廉は中盤でのチャンスメイクなど複数ポジションでプレーが出来るようで、CHのポジションにもハマる可能性はありそう。

    【2021シーズン目標】
    上位〜昇格争い

    …J2ライセンスを獲得し、J3で昇格を狙えるほどの陣容は揃えた。チームの目標もJ2昇格であるので当然2位以内を目指すことになるが、昨季の成績も踏まえると上位進出なら成果とは言える。一方で選手も揃い2年目となる秋田体制、一定の成果を出すことはむしろ必達の目標でもある。

    このページのトップヘ