J3 MAGAZINE (J3マガジン)

サッカーJ3に特化した情報発信ブログです! クラブ情報や各節の見どころ・レビュー、移籍情報などを発信します。

    ●鹿児島ユナイテッドFCがDFフォゲッチ(Foguete)が負傷したと発表した。

    鹿児島ユナイテッドFCのフォゲッチは今季ブラジルのFCカスカベウから加入したDF。既に4月30日に鹿児島市内の病院で手術を行っており、全治は約6ヶ月であると発表しています。

    生 年 月 日:1996年2月1日(24歳)
    ポジション:DF
    身 長/体 重:170cm/67kg
    傷 害 名: 左大腿直筋近位腱断裂
    全   治:約6ヶ月



    今季新たに加入したサイドバックの選手で世代別代表歴もあるブラジル人選手で期待されていましたが、長期の離脱となってしまう見込みです。いち早い回復をお祈りします。


    ●鹿児島の地方局がサポーターの作ったスタメン予想を金鐘成監督にぶつける!金監督の採点は…?

    鹿児島ユナイテッドFCの話題が続きますが、鹿児島のテレビ局で面白いことをやっていたようなので記事にしてみました。

    鹿児島の地元局KYTが金 鐘成監督にインタビュー。すると、居酒屋でサポーターの数名が議論して作り上げた開幕スタメン予想を金監督に実際に見て貰って採点をしてもらう!というものでした。

    【記事リンク(動画あり)】


    チームを作り上げてきたベテラン選手が多く引退しつつ、去年の主力は概ね残留し1年でのJ2復帰を目指す鹿児島。サポーターの方々が作ったスタメンはこちらでした。
    KYT
    (KYTの映像をもとに管理人作成)

    金監督の答えは…20点

    …かなり外れているんでしょうか・・(笑)

    昨季の陣容とさほど変わらないところに、新加入のMF井澤と中村、CBの青山にFWのジョン ガブリエルを配した布陣ですが、金監督の頭の中にある並びではないのかも知れませんね…


     
     ということでしたが、鹿児島サポの皆さんはいかがお考えでしょうか?
    他のクラブのサポーターの方も、練習が見られていないためにスタメンの予想を当てに行くのはかなり難しいと思いますが…


    さて、開幕までもう1週間を切りましたが当J3マガジンでは皆さんの開幕スタメン予想を受け付けております!あんまり集まっていないのですが(笑)、Amazonギフトコード1,000円分をプレゼントすることにしましたので是非気軽に送って頂ければ盛り上がって良いかな?と思いますので、ドシドシご応募ください!

    メールアドレスの入力は不要ですので、気軽に送ってみてください。
    その際にJ3のクラブ名、スタメン、(フォーメーション)などを書いて頂ければ結構です。

    【詳細はこちら】


    ●鹿児島ユナイテッドFCの専用練習場の整備計画に前進。資金のめどがつき8月にも着工、来2月完成の予定。 

     J3所属前から専用の練習場を持たず、県内の複数の施設等を利用して練習していた鹿児島ユナイテッドFC待望の専用練習場の整備計画に前進があったようです。

    地元紙『南日本新聞』によると、整備には約9億円を要する見込みで、既に県内外の複数企業から支援の申し出がクラブ側に届いているということです。また、練習場の土地を無償提供する鹿児島市は「企業版ふるさと納税」の制度を利用して資金を募るそうです。



    (リンク先:南日本新聞社 373news.com)

    以下、記事より
    サッカーJ3鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島U)が鹿児島市喜入に整備する専用練習場について、土地を無償貸与する市が企業版ふるさと納税制度を活用して資金を募ることが19日分かった。整備には約9億円かかる見込みで、既に県内外の複数の企業がクラブ側に支援を申し出ているという。資金のめどがつき、8月にも着工する。2021年2月の完成に向け計画は大きく前進する。

    (南日本新聞 2020年6月20日20:00配信『ふるさと納税で調達 鹿児島U練習場整備費9億円』より引用, 6月22日閲覧)

     また同紙によると、施設は約2万7,500平方メートルでJリーグ公式戦規格のグラウンド(天然芝2面、人工芝1面)クラブハウスなどが整備されるということです。



     下部リーグ所属のクラブで練習環境に苦労するところは多いですが、かねてから練習場整備が訴えられてきた鹿児島にいよいよ練習場が整備されることになりそうです。
    施設も天然芝2面+人工芝1面と、現状より非常に良い環境でのトレーニングに励むことが出来そうです。JR駅が近傍にあるということで、一般の見学の方も行きやすいかもしれません。

    このページのトップヘ